知識をひけらかす事を何と言ったかな

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』を観始めた。現在3話まで世に出ている。

というわけで今のところ3クールぶりぐらいに僕が観たアニメは3話まで。

『Running Pictures』を読んでいるうちに観測理論を説明に使うようなストーリーのアイデアを思いついていて、『青春ブタ野郎』で観測理論がどうとかというものだから大好き。

単純にセリフ回しと世界観が好きでもあるけれど。原作買おうかな。

 

この作品って「思春期症候群」とか「観測理論」とか、世界観の説明とか単純にわかりにくい物事の説明とかを説明口調でしっかり説明するから、人によっては好きじゃないかもしれない。

僕も説明口調なセリフをさも当たり前のように敵に喋らせたり、サポート役の味方に喋らせたりしているのは好きじゃないけれど、前述のようにもはや好きなことは確定しているので痘痕も靨です。

痘痕も靨を前回に続いて使っているのは最近知った素敵な言葉なので、できるだけ早く覚えようとしているからです。そのうち口癖みたいな僕の良くいう単語になるかもしれません。

 

言い回しの嫌いな作品といえば『君を愛したひとりの僕へ』と『僕が愛したすべての君へ』がある。

この作品はどうにも好きになれない。

今思えばこれも説明口調だった気がするけれど、理由はそれだけじゃないと思う。

前に、なぜ嫌いなのか考えたけれど答えは出なかった。

2ちゃんの物語みたいに短い文を何度も何度も書いているのが嫌なのかもと考えたけれど、そもそも僕は2ちゃんの感動系物語大好きだから違う。

僕は役割語も嫌いだけど役割語を多用するほど登場人物はいなかったと思うし違う。

ブックカバー欲しさにまんまと踊らされて買った『レオナルドの扉』という作品は役割語満載な上に説明口調で最悪だった。

主人公がレオナルド・ダ・ヴィンチの末裔なのはまだしも、そうでなくてもいいのに無駄にミケランジェロの末裔とか出てきてストーリーも大して面白くなかった。

例えドラえもんの映画に関わった人間だろうが何だろうがあれは好きじゃない。

 

『階段島』シリーズも言い回しが好きなシリーズ。

まあ、ぼーっと読んでて途中で「何言ってるか全然わからん」って読み返すんだけど。

あのシリーズのナドのキャラクター性も好き。

現実の彼は好きじゃないけどね。

 

と、こんな感じで僕の好きな、嫌いな作品の特徴でござった。(また途中で書くことに困ったとかそういうのじゃないんだからねっ!)